掲載事例から見る社会のとらえ方Case Examples

共通するのは、大型木造の社会性

■業界誌

非住宅木造分野への進出は、地域工務店が住宅事業を行なっている地元で、より存在感を高めていくことにもつながり、住宅事業とのシナジーは小さくない。

■一般紙・地域新聞・業界新聞(木材系)

加速する少子高齢化や人口減少に伴い、新築住宅市場の縮小が予測される中住宅以外の分野に進出することを検討する地域工務店が増えている。
新建ハウジングが全国の工務店を対象に行ったアンケートの調査結果(回答268社)では、住宅市場の縮小を見据えて「非住宅・中大規模木造」への取り組みを進めていくとする工務店が過半数を占めた。

地域産木材・国産木材の活用から、林業振興につなげる。
また、先進的な取組をニュースとして取り扱う。
国が推進している事、(国立競技場などでも、周知が始まっている事)でニュースバリューがある。

■商業系・経済系

鉄骨・RCコストの高騰に対抗できる、「大型木造商業施設」という新しいカテゴリーとして、「地元工務店がビル」という第三極、環境負荷の少なさにニュースバリューがある。

■官庁・団体会報

農水省・林野庁
国産材活用の中、公共ではない、民間受注の商業木造施設に注目

2×4協会・モデルフォレスト協会・COFI(カナダ林産審議会)
耐火・大型木造の普及、エンジニアリングウッド、関連技術・技術の普及促進

まずはお気軽にご相談ください0120・811・157受付時間 / 9:00 〜19:00
TOP