リヴの大型木造・非住宅木造建築LIV Wood Building

01 日本は千年以上培った木造建築の文化

世界最古の木造の「たてもの」をご存知でしょうか。歴史の教科書に必ず載っているよく知られた建物です。奈良県にある、法隆寺の五重塔―現代でも悠々と建つその姿は、今から約1,400年前に建てられ、伝統的な手法で補修されながら残ってきたものです。高さは31.5mと、マンションの10階建てに相当し、日本人は世界の中でも先駆けて、すばらしい木造の技術を持っていたことがうかがえます。

ご存じの通り、京都には築千年を超える木造の建築物は多数現存し、現在も使用に耐えています。日本の木造建築技術が世界一と広く認められているのは、これまで培ってきた実績に裏打ちされた「文化」であるといえます。
また、高さに関していうならば、京都のシンボルでもある東寺の五重塔は、約55mもあり、木造の建築物の中ではいまだに日本一の高さを誇っています。東寺の五重塔が建てられたのは約1,200年前です。奈良の大仏殿は49m、ちなみに私たちで建てさせていただいた、西日本初の大型木造建築「SUBACO」プロジェクトは約15mです。実は、大型木造とはいっても、それほど大きい訳ではなく、私たちは普段の生活の中で、遥かに大きな大型木造建築物を日々見慣れて過ごしています。
「木造でそんな大きな建物を建てて大丈夫なの?」とご質問をいただきますが、「はるかに大きな木造建築物をお客様はたくさんご存じだと思いますよ」とお答えしています。

02 技術的なメリット・進歩

❶木造の既存の設計・施工技術が活用できる。 (特に2×4工法の場合、軸組は大断面などが生じる懸念)

  • 使う部材は、住宅躯体部材と大きく変わりにくい。

❷プランニングの感覚も、基本的に活用できる。

  • 構造的な「耐力壁線の揃え方」などのルールは共通なので、プランニングが行いやすい。
  • 壁量計算の感覚も住宅の延長線で考えられる。
  • 大きく変わるのは、水平構面の強度と、引き抜き強度で、プランの感覚は、住宅のプランニングの延長が図りやすい。

→狙う、取り組みやすいターゲット(お客様)像も考えやすい。

❸耐火仕様の多様化、簡易化が進んでいる。

  • 以前は、2×4協会、木住協などの型式認定に限定されていたが、一昨年、告示化が起こり、告示の中での解釈に、融通が利きやすくなってきた。

❹防音性能の強化

  • 防音性能の強化を図る仕様・商品も増え、特に対RC工法への、差別化を受けにくくなった。
    (長岡ホテルで採用予定)

「木造枠組み」下地 外壁耐火1時間構造(断面構成)
耐火壁の告示化で商品の適用範囲が広がっている

03 オーナーのメリット

❶コスト面のメリット(耐火建築物での比較) ※2×4工法の場合

  • 対軽量鉄骨:同等~5%安くなります。
  • 重量鉄骨:10~20%安くなります。
  • RC造:20~35%安くなります。

※建物の軽量化により、基礎(RC部)の仕様が軽くなる。
地盤の改良方法や深度、地域によっては、埋蔵文化財の発掘の軽減などの付帯コストの軽減もメリットとなる。

❷地元業者を活用しやすいメリット

  • (特に2×4工法の場合)基本的な工事は、住宅建材、業者・職人を活用できる。

❸居住性能が良い (ユーザー様からのお声)

  • 断熱性が高い。
  • 吸音性が心地よい。 (適度に、聞きにくい耳障りな音を吸収する)
    →単純な防音性とは違う価値観提案になる。

※今年、産官学の調査に入り、優位性を具体的に計測する。

❹環境意識のプラス 環境・身体に優しい面は、感覚的にも簡単に伝わりやすい。

  • 建築時のCO2削減はRC造の2/3に。
  • 水質汚染原因物質は、RC造の半分、S造の1/3以下。
  • 大気汚染物質はS造の6割、RC造の半分以下。
  • 日本でも鉄骨プレハブの製造時CO2放出量が木造に比べて約2.9倍などのデータが揃ってきている。
  • さらに炭素ストック、企業においては排出権取引という考え方にも。

本社ビルに携わっていただいた方たちのほとんどが
既存の業者会の皆さまです。

04 社会環境のメリット

❶施策上の機運・普及

「公共建築物等木材利用促進法」に代表される、木造化の機運(低層の公共建築物については原則として全て木造化を図る)は地域でも、普及が始まり、木造施設への抵抗が減ってきている。

❷国が木質資源の活用を進めている。

❸大型木造構造・耐火木造の規制緩和が続いている。

  • 構造適合判定(適判)の規定の緩和(2015年夏)
  • 耐火木造の緩和・仕様の告示化
  • 2時間耐火の仕様化→木造6階建てまで可能

❹ターゲットの案件の増加

  • 木造化が促される公共建築、及び福祉施設
  • 昭和40~50年台築の小型~中型ビルの建替え需要がましている。

❺現状は税制的には木造有利(固定資産税評価額、償却年数が低く、短い)

京都府内の木材量天然林・人工林とも増加を続けている

まずはお気軽にご相談ください0120・811・157受付時間 / 9:00 〜19:00
TOP